一人暮らしde快適スタイル
 引越しは効率よく

面倒で手間のかかる荷造りや荷解きなどは、効率よく済ませて一日も早く通常の生活を送りたいですよね。

 

引越し準備

引越しが決まったら、できるだけ早いうちからしておきたいのは、不要品の処分です。
荷物が少なければ引越し代金も安くなりますし、荷造りの手間も省けます。

理想は、普段からシンプルライフを心がけ、余計な荷物は増やさないこと。

でも、ついつい増えてしまった荷物は、引越しを機に整理してみましょう。

買ったり貰ったりしたものの使わなくなったものは、フリーマーケットやネットオークションなどを利用して転売すると、うまくいけばお小遣い稼ぎにもなります。

勿論、処分が目的だから二束三文の値段だろうと、売れればラッキー!

 

引越しの荷造りのコツは、収納場所ごとに箱詰めすること。

用途ごとにまとめてしまいがちですが、同じヘアケア用品でも、シャンプーはバスグッズですし、整髪料は化粧品コーナーというように、普段の配置場所が違えば別の箱へ。

 

もし荷物量が少ないからと、バスグッズと化粧品類を一緒にしてしてしまえば、荷解きの時に同じ箱をバスルームへ運んだり、別の部屋へ運んだり・・・と余計な移動が必要になってきます。

荷解きの際の持ち運びが最短で済むのが一番。

 

また、荷物を入れたダンボール箱には目印を。

例えば、「バスグッズ」「食器」など

 

中身が何かを書く箇所も、箱の上面だけではなく側面にも書いておけば、積み上げられた状態でも確認が楽ですよね。

いちいち中を開けないと分からないなんて状態はNGです。

 

中身によって運ぶ部屋が違うのであれば、「キッチン」「寝室」などを書いておけば、引越し業者さんもその通りに運んでくれます。

文字だけじゃなくて、箱を閉じるテープにカラーテープを利用して、部屋ごとに色分けしておくと誰にでも分かりやすいし便利です。

例えば、キッチン用品は赤、衣類は青など

 

 

新居での荷解き

引越し前にあらかじめ、部屋の家具配置をしっかりと考えておけば、引越し業者さんの荷運びだけで5割ぐらいは終わったも同然。

予定通りに運んでもらえば、後は荷解きだけで済みますよね。

「とりあえず、その辺においておいてください・・・」っていうのは、ものすごく無駄なこと。

引越し業者さんが帰った後から配置し直しするのは自分なので、やってもらえることは最大限にやってもらっておきましょう。

 

引越し直後から必要になってくるものは、前もって印を付けておくと、引越し後のバタバタは最小限で済みます。

開封の優先順位も決めて、箱の外側に書いておくと便利です。

例えば、いつ使うか分からないものや、他の季節の物はそのまま開けずにダンボールのまま収納してしまえます。

わざわざ引越し直後でなくても、使う時になってから開けるのでも良いですよね。





次のページ

一人暮らしの物件選び
安いスーパーは近い?
フローリングは外せない
1階がテナントは要注意
ゴミ収集場所は要チェック!
入居者は社会人?学生?
部屋探しは仕事帰りに
収納第一!
洗濯機は屋内に
自分の身は自分で守る
1階2階はご用心
ベランダの屋根幅
使える!防犯グッズ
頼り合える知人は近い?
ネットで探せる賃貸情報
引越しは効率よく
引越し業者は見積もり比較を
 
一人暮らしde快適スタイル