隣人からの手紙

一人暮らしでのトラブルの原因の一番は、騒音かもしれないですよね。

完全防音の良い物件でもなければ、大抵のマンションやアパートは隣や上下の部屋からの音が聞こえてくることがあります。

他の住人さんと生活時間帯が違ったりすると、これが睡眠不足の原因になったり・・・

また、一人で過ごす時は静かなんだけど、友達なんかが来てると話声がうるさかったり。

普段は問題ないんだけど・・・ってことは、結構あると思うんです。

私自身も、一人だったらTVのボリュームも控えめで、夜中の騒音には割と気をつかってるつもりなんですけど、誰かが遊びに来てくれてたりすると、時間を忘れてワイワイしちゃうことがあります。

特に部屋飲みしてたりすると、話に盛り上がり過ぎちゃってしまうことも多いです。

こういう、つい騒ぎすぎちゃった夜の翌日、部屋のポスト(玄関ドアについてるポスト)に1枚の紙が投函されてました。

「うるさいので、もうちょっと静かにしてください」 お隣さんからでした・・・

壁を蹴ってアピールする人もいれば、直接にチャイム押してクレームをいう人もいるという中、うちの控えめな隣人は、いつか分からないうちに手紙を書いてポストへと入れていってくれたようです。

あまりにも控えめな訴えだったので、気付くのに1週間くらいはかかってしまいましたよ・・・

この訴えを、リアルタイムで気付くのは指南の技ではないでしょうか?

その後、これが原因なのかは分かりませんが、お隣さんは手紙を投函されてからすぐに引越して行かれました。

お詫びに行く間もなく、でした。